ここからサイトの主なメニューです

国立小樽海上技術学校

ここからページの本文です

取得できる資格

将来役立つ専門資格を取得

これからの社会は、何か資格を持つことが必要な時代となってきています。私達の学校では、社会で役立つ様々な資格を取得することができます。卒業すると高卒同等資格および航海士や機関士になるのに必要な国家資格「海技士」免状の受験資格が得られます(四級海技士の筆記試験が免除されます)。

また、「海上特殊無線技士」の資格が得られるほか、危険物取扱主任者等の資格にも数多くの生徒がチャレンジしています。

海技免状の取得

大型船の航海士、機関士になるために必要なのが「四級海技士」という国家資格です。この資格を取るためには、通常、海技士としての知識を得たうえで決められた期間、実際に船で働いた後(これを乗船履歴といいます)「海技試験」という「筆記試験」と「口述試験」の二種類の試験に合格しなければなりません。 この資格を得るために3つのコースがあります。

1.卒業と同時に就職のコース

この場合、就職した会社の船で1年9か月の乗船履歴がつけば「四級海技士」の受験資格が与えられます。

2.乗船実習科コース

卒業後、更に6か月間、練習船での実習を行うコースです。3か月間ずつ2隻の船に乗って様々な港を航海しながらの実習です。このコースを修了した時点で「四級海技士」の受験資格が与えられます。

お問い合わせ
国立小樽海上技術学校 教務課 指導課   
電話:0134-54-2122   FAX:0134-54-2391
ここからサイトの主なメニューです