学校案内

施設・設備

  1. トップ
  2. 学校案内
  3. 施設・設備

実習に役立つ充実した設備

練習船 はりうす

本校の練習船です。 週に1度は海上実習を行い、操船や機関当直などの技術を学びます。

練習船 はりうす

船上の様子

船内の様子

船名 はりうす

総トン数 43t

主機馬力 441.3kw

全長 20m

幅 6m

カッター

本校にはカッター部もあり、逞しい船員を養成します。

技業室

本校には別棟に「技業室」があり、甲板と機関に分かれて実習を行います。

船員の基本である、ロープワークをここで学びます。これができないと甲板部員になれません。

この教室では溶接作業を学びます。いろいろな工具があり、工具の名称も覚えなければなりません。

シミュレーター室

本校にはレーダーARPAシミュレーター及び機関シミュレーターがあります。

バーチャルゲーム感覚で船の擬似操船を体験できます。小樽にいながら東京湾を航行することも可能です。

THXサウンド対応スピーカーを装備し、まるでエンジンルームにいるかのような雰囲気です。

LL教室

LL教室にはハイスペックPCが35台完備されています。

LL教室

お問い合わせ

国立小樽海上技術学校 庶務課
電話:0134-54-2121 FAX:0134-54-2391

このページの先頭へ

国立小樽海上技術学校

〒047-0156 北海道小樽市桜3丁目21番1号 【地図】
TEL 0134-54-2122(教務課)