ここからサイトの主なメニューです

国立口之津海上技術学校

ここからページの本文です

取得できる資格

取得できる資格

 本校は、内航『船舶職員』の養成を目的として設置された学校です。卒業生が新人の『船員』として『内航海運界』にデビューする時に求められる、必要・十分な『資格』を取得することができるカリキュラムとなっています。

海技免状等の取得と条件

  • 『四級海技士』(航海及び機関)の筆記試験(国家試験)免除・・・・・本科の卒業
  • 『高校卒業同等資格』・・・・・・本科の卒業
  • 『一級小型船舶操縦士』免許・・・校内で行う実技・学科修了試験の合格、本科の卒業
  • 各種『免許講習』の修了(海技免許申請に必須)・・・・・本科の卒業
  • 第二級『海上特殊無線技士』免許・・・学校で開く無線講習の受講、修了試験の合格
  • 『四級海技士』(口述試験)の受験資格・・・乗船実習科の修了(9ヶ月の『乗船履歴』)

 卒業生の大半は乗船実習科に進み、『四級海技士』双方の免許、『小型一級』免許、『無線』の免許を手にして巣立ちます。4月期の採用が一般的な大型カーフェリーや県や国などの船(『官庁船』)に就職する者は、職場で『乗船履歴』をつけて『口述試験』に臨みます。

乗船履歴

 『海技士』免許を取得するためには、乗船履歴が必須(口述試験の受験資格)で、それぞれの資格ごとに必要な年数が法に定められています。船舶職員養成施設の修了者については、その期間の短縮が認められており、本校・『本科』を卒業した場合と、『乗船実習科』に進学した場合の違いは次の通りです。

『本科』を卒業し4月に就職した場合 本科課程での乗船履歴は3ヶ月しかなく、就職先の船で1年9ヶ月の乗船履歴をつけるこ とにより、『四級海技士』(航海又は機関)の『口述試験』を受験することができます。
『乗船実習科』を修了し10月以降に就職する場合 乗船実習科の修了により、必要とされる乗船履歴の期間を満たし、『四級海技士』(航海 及び機関)両方の『口述試験』を受験することができます。

その他の資格の取得

 海上技術学校本科卒業・乗船実習科修了で、『四級海技士』、『小型船舶操縦士』、『海上特殊無線技士』の資格を取得すれば必要・十分と言えます。しかし毎学年10人ほどの生徒は、1ランク上の三級海技士(航海)または三級海技士(機関)の筆記試験(海技試験)の合格を目指して頑張っています。

お問い合わせ
国立口之津海上技術学校 教務課 指導課   
電話:0957-86-2152   FAX:0957-86-4192
ここからサイトの主なメニューです