学校案内

校長挨拶

  1. トップ
  2. 学校案内
  3. 校長挨拶

校長挨拶

      海技大学校長 近藤 宏一

令和4年4月1日付、海技大学校の校長を拝命いたしました 近藤 宏一(こんどうこういち) でございます。海技大学校長としてその責務の重さをひしひしと感じておりますが、先ずは、前任の前田潔校長同様、よろしくお願いしたいと存じます。

海技大学校(以下、大学校という。)は、海と山に囲まれた恵まれた自然環境の中(兵庫県芦屋市)に位置します。大学校は、昭和20年4月、海上実歴のある船員に対し、船舶運航に必要な学術・技能を教授することを目的として設立された運輸通信省所管の海技専門学院(兵庫県武庫郡本庄村(現在の神戸市東灘区))に始まります。その後、昭和36年の海技大学校への名称変更、平成13年の独立行政法人化、平成18年には独立行政法人海員学校と統合し海技教育機構となり、平成28年には独立行政法人航海訓練所と統合し、新たな海技教育機構が誕生しました。この70有余年の間、国の海運・船員政策の具現化を図り、また海運界のニーズを反映しながら、教育課程及び内容を度々改正してきました。

大学校では、新人教育、資格教育、実務教育・訓練、水先人教育、外国人教育及びSTCW条約対応講習等、多岐にわたる教育を実施しています。加えて、教育・訓練及び船舶運航に係る研究業務も積極的に実施しております。今後も時代の変化に応じて、業界から求められる海技者像は変化していくものと思われますが、大学校の人材、及び長年培ってきた船員教育、研究のノウハウを十分に活用し、時代の変化を的確に捉え、大学校の教育課程及び内容に反映させていきます。

現在、新型コロナウイルス感染状況は未だに行方定まらぬ状況ではありますが、校内ガイドラインに基づく十分な感染対策を行い、教職員の不屈の対応により安心安全な授業、実習等を展開しています。引き続き緊張感をもって、万全の体制を継続してまいります。

大学校では、上記のような教育業務や研究業務に対しこれからも教職員が一丸となって質の高い教育の実施、熱意ある教員の育成、大学校の存在意義の確立に対して取り組み、人材輩出、社会貢献、成果向上に努めて参りますので、ご期待いただくよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

最後に、海技大学校校歌をご紹介します(平成31年2月22日編曲)。この機会に是非ともお聴きください。

 1. 茅渟(ちぬ)の潮 よする岸辺に そそり立つ 海技大学校
   制海の夢育みつ れい明の 鐘打ちならす
 2. 海運を担うはわれ等 意気高し 海技大学校
   実践の訓(おしえ)培い 究めなん 学の精髄
 3. はるかなる水脈(みお)のしるべに 灯をかざす 海技大学校
   限りなき 栄光のもとに はためくは 羅針の校旗

海技大学校校歌

お問い合わせ

海技大学校 管理部 庶務課
電話:0797-38-6201(平日9:00~17:00) FAX:0797-32-7904

このページの先頭へ

海技大学校

〒659-0026 兵庫県芦屋市西蔵町12-24 【電話番号・地図】

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.