メニューを開く

学校案内

校長挨拶

  1. トップ
  2. 学校案内
  3. 校長挨拶

校長挨拶

     海技大学校校長 堀 晶彦

海技大学校のある芦屋市は、関西の2大都市である大阪と神戸の中間に位置し、北には六甲連山、南は大阪湾を臨む風光明媚な国際住宅都市として知られています。我が校は、この芦屋市を南北に流れる宮川の下流に位置しています。

昭和40年代までは、キャンパスのすぐ南は海岸で海水浴場としても知られた場所でしたが、現在は埋め立てが進み、残念ながら現在はキャンパスから大阪湾は臨むことはできませんが、四季折々の六甲連山の眺めは一見に値するもので、このような恵まれた自然環境は、勉学をするのに最適であると言えます。

当大学校は、昭和20年4月、海上実歴のある船員に対し、船舶運航に必要な学術・技能を教授することを目的として、船員再教育機関として設立された海技専門学院がその前身となります。 
以来70有余年、海技大学校への名称変更、独立行政法人化、独立行政法人海員学校との統合により海技教育機構の一員となり、平成28年には、日本の海技教育の核となり得る組織の構築を目指して独立行政法人航海訓練所と統合し、新生海技教育機構の一員となりました。この間、一貫して船員教育及び教育に資する為の研究に従事して参りました。

海技大学校に課せられた業務の内容は、
1. 船員になろうとする者および船員に対し、船舶の運航に関する高度の学術および技能を教授すること
2. 船舶の運航に関する高度の学術及び技能並びに航海訓練に関する研究を行うこと
となっています。

海技大学校の教育は非常に多岐に渡っておりますが、大別すると、
(1)海技免許を取得するための資格教育(海上技術コースに代表される新人教育、海技士コースに代表される再教育)
(2)技術教育(80コース以上にもわたる運行実務コース代表にされる船員に対する教育訓練)
(3)水先人教育(日本で唯一の一級から三級までのの水先人養成)
(4)国際協力(発展途上国の船員教育者または船員に対する教育)
の4本の柱によって成り立っています。
更に、航海・機関の新しい技術の開発に加えて、船員教育の向上を目指して、研究に日々取り組んでいます。

今後も4本の柱と研究を中心に、海事社会の要請に柔軟に対応しながら、業務を進めるのが本校の使命であると肝に銘じて、教職員一同、一丸となって、更なる努力を惜しまぬ覚悟でおりますので、皆様方のご理解、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ

海技大学校

〒659-0026 兵庫県芦屋市西蔵町12-24 【地図】
TEL 0797-38-6201(庶務課)

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.