メニューを開く

教育内容

カリキュラム

  1. トップ
  2. 教育内容
  3. カリキュラム
ここからページの本文です

カリキュラム

授業カリキュラム

海技士の資格を取得するためには、法令に定める教育課程を修め、所定の乗船履歴を満たさなければなりません。

本校のカリキュラムは、学校における1年3か月の座学と実技実習で船舶職員養成施設及び海技免許講習に必要な知識・技術を学び、3か月×3回の練習船実習によって実践力を養いながら乗船履歴を満たすことができるという効率的な完結教育となっており、卒業後、直ちに口述試験と身体検査を受けて海技免状を取得することができます。

また、在学中に、上級試験(三級、二級、一級)の海技試験(筆記試験)を受験する意欲的な学生も多く、卒業者の4人に1人程度が三級の筆記試験に合格しています。

授業風景

海上実習

海上実習

授業風景(機関科座学)

授業風景(航海科座学)

航海実技

機関実技

総合訓練

専修科 授業内容及び単位数

必修科目 授業内容 単位数
航海 航海士に必要な知識である「航法」や「航海計器」などについて学びます。 8
運用 船の構造や操船など、船舶を安全に運用することについて学びます。 5
海事法規 船舶の運用に必要な海上交通などに関する法規を学びます。 3
海洋気象 海上気象および海象並びに気象観測に関して学びます。 1
電気電子工学 船舶の電気及び電子機器の取り扱いに必要な基礎を学びます。 4
機械工作 船内にある工具の使用方法や機械材料などについて学びます。 2
計測制御 船内で使用されている自動制御装置について学びます。 2
情報技術 船舶に装備されている情報機器の概要を学びます。 1
船用機関 ディーゼル機関やボイラ等の構成及び作動について学びます。 7
内航海運実務 日本の海運や海上物流など船員に必要な内航海運に関して学びます。 1
海事英語 船舶で必要とされる基本的英会話について学びます。 1
実習・航機実技 係船に必要なロープの取扱い方や機関の運転及び保守整備について学びます。 4
実習・海上実習 船舶の運航、機関の運転や取扱いについての技術を習得します。 7
実習・総合訓練 救命講習及び消火講習に関しての知識と技術を習得します。 1
選択科目 授業内容 単位数
海運実務英語 船員職員として必要となる英文読解及び実戦的な英会話について学びます。 1
航海特論 天測による船位の決定や船体の復原力など航海に関することを学びます。 0.5
機関特論 ディーゼル機関の性能曲線や熱勘定など機関に関することを学びます。 0.5
単位認定科目 授業内容 単位数
卒業研究 自分で研究テーマを決め、研究結果を発表しその評価によって単位が認定されます。 1
乗船体験実習 内航船等に乗船しレポートの評価によって単位が認定されます。 1
三級海技士試験・筆記 三級海技士国家試験(筆記試験)の合格によって単位が認定されます。 3
特別教育活動 授業内容 単位数
特別教育活動 調理教育やしまなみウォークなど学校行事を通じて集団生活について学びます。 1
練習船航海実習 授業内容 日数
練習船航海実習 日本丸や大成丸などの大型練習船に乗船し、船舶運航に必要な知識・技術を習得します。 9ヶ月

お問い合わせ

国立波方海上技術短期大学校 教務課 学生課
電話:0898-41-5278 FAX:0898-41-5038

このページの先頭へ

国立波方海上技術短期大学校

〒799-2101 愛媛県今治市波方町波方甲1634-1 【地図】
TEL 0898-41-5278(教務課)