メニューを開く

就職

卒業生の声

  1. トップ
  2. 就職
  3. 卒業生の声

卒業生の声

良き仲間と熱血先生が待ってます!

 私はタグボートの甲板員として働いています。この仕事はワッチなど無く、特殊な職種です。食事の準備や勤務時間が不規則であり、内航船とは全く違うサイクル
で動く職種です。
タグボートの勤務形態は、毎日違う時間に起床する等、体力的に辛い仕事ではありますが、全長300mを超える船を岸壁に着岸させたり、様々な 船をエスコートして先陣を切っていくということがタグボートの最大の魅力です。
また、1日の仕事を終えたら陸上の暮らしができると言うところも魅力です。
 本校では勉強以外にも寮生活で学べる事がたくさんあります。限られた時間で有意義に休日を過ごしたり、かけがえのない友人を作ることが出来ます。学校生活や 寮生活は、「やるときはやる。遊ぶときは遊ぶ。」とメリハリをつけてすごすのも大切だと思います。
 船乗りを目指す皆さんへ、「本校に入学して、2年間で知識と技術を習得して目標を達成して下さい。良き仲間と熱血先生が待ってます!」

24期卒業生
川合氏(甲板員)

 
 

全力で自然と向き合える、すばらしい仕事だと感じています。

 私は今、内航タンカーで機関士として働いています。機関士は主にエンジンの運転や整備・点検を担当します。この仕事は、長期間海の上で生活するので、全力で自然と向き合える、すばらしい仕事だと感じています。
しかし、楽しいことばかりではなく、大時化の中を航海したり、睡眠時間が確保できないような時もあります。とても精神力・体力のいる仕事です。しかし、3ヶ月の乗船のあとには1ヶ月のまとまった休暇があり、自分の好きなように時間が使えます。
私は、ツーリングをしたり、沖縄でダイビングをしたりと、とても満喫した休暇を過ごしています。
 入学当初は、慣れない寮生活で不安もありましたが、すぐにみんなとも打ち解け、とても楽しく有意義な学校生活を送ることができました。勉強についていけるか不安でしたが、基礎から教えてくださるので、全然大丈夫でした。
2年生になってからは、練習船で全国各地へ航海し、より実践的な学習をします。
在学の2年間は、毎日がとても楽しく充実し、あっという間に過ぎていきました。
 就職活動は、先生方が熱心にサポートしてくださり、入学時から将来を考えた就職活動ができるので、昨今の就職難の中でも就職率が高く、とても心強いと思います。
ぜひ、本校に入学し、ここでしかできない体験をして、一生の思い出を作っ
てください。そして船員になるという夢を実現させてください。

25期卒業生
藤澤氏(機関士)

お問い合わせ

国立清水海上技術短期大学校 教務課
電話:054-334-0922 FAX:054-334-3400

このページの先頭へ

国立清水海上技術短期大学校

〒424-8678 静岡県静岡市清水区折戸3丁目18番地1号 【地図】
TEL 054-334-0922(教務課)