メニューを開く

学校案内

校長挨拶

  1. トップ
  2. 学校案内
  3. 校長挨拶
ここからページの本文です

校長挨拶

 国立清水海上技術短期大学校は船員教育のための学校です。一般の大学のように学校に関する情報を十分にお伝えできていないかもしれませんので、ご挨拶に代えて若干のご説明をさせていただきます。

 本校「専修科」の教育目的は、独立行政法人海技教育機構業務方法書によって「高等学校における教育の基礎の上に、船員となるに必要な専門教育を行う」とされており、船員教育に特化した学校であることが示されています。学校の役割は、職業として船員になりたいという学生に対し、四級海技士の資格を取得するための「資格教育」と船の現場で働くための「実務教育」を通じて、船員としての最初の一歩を踏み出すため、強力に後押しをするという1点に尽きるのです。

 学校を訪れていただくと、玄関に展示されている船の錨やプロペラ、ロープの結び方を示した大きな標本などがあり、船好きの方には興味深いもののはずです。新しい実習棟に設置されている大きなディーゼルエンジンや操船シミュレータは船員としての技術習得のために授業で利用されます。近隣の岸壁に係留している校内練習船「かざはや」は、長さ20メートルほどですが、船舶運航の基本技術と楽しさを学ぶのに格好な教材です。教室の授業では知識の教授ばかりでなく、先輩船員でもある先生から楽しかったり失敗したりした船上生活の体験談を聞くことができます。そして、同じ目標を持つ仲間達と学生寮での団体生活を経験し、2年生で行う9ヶ月に渡る大型練習船の乗船実習で船上生活を体験する中で、船員としての知識や資質を、次第に獲得していくことになります。

 本校卒業生は、こうした教育環境の中で専門的かつ実践的な教育を受けることにより内航海運船社等から大きな期待を集め、その結果、平成27年度及び28年度は海上就職率100%を記録しています。本校での学びは職業船員を目指すことそのものなのです。
この点につきましては、入学希望の皆様にも十分にご認識いただき、大きな期待と少しの勇気を持って挑戦していただきたいと思います。

 ところで、我々が考える望ましい学生像について、次に、アドミッション・ポリシーとして提示いたしますので、本校における船員教育の目指すものをご理解いただければ幸いです。

 【アドミッション・ポリシー】
  ○船や海に関心を持ち、船員になろうとする意志が明確であること
  ○心身ともに健康で、海技試験に係る身体検査基準を満たすこと
  ○船舶運航に関する専門教育を理解できる基礎学力を備えていること
  ○規律を守り、協調性があり、団体生活に順応できること
  ○積極性や行動力を備え、変化に富む海上勤務に柔軟に対応できること
  ○将来の船長や機関長を目指す向上心や責任感を備えていること

 最後になりますが、我々学校職員一同は、船員を目指す若者達に対して全力で支援してまいりますので、ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


国立清水海上技術短期大学校
校長 片岡 英明

お問い合わせ

国立清水海上技術短期大学校 教務課
電話:054-334-0922 FAX:054-334-3400

このページの先頭へ

国立清水海上技術短期大学校

〒424-8678 静岡県静岡市清水区折戸3丁目18番地1号 【地図】
TEL 054-334-0922(教務課)