ここからサイトの主なメニューです

ニュース

ここからページの本文です

JMETS国立清水海上技術短期大学校が体験学習に協力

2017年10月10日

~地元中学の「大学・専門学校訪問体験学習」で中学生が来校~


 JMETS(海技教育機構)の国立清水海上技術短期大学校(校長:片岡 英明)が、10月4日(水)に磐田市立神明中学校の「大学・専門学校訪問体験学習」に協力しました。
 神明中学校は、職種、進学先の多様化を背景に、上級学校で学ぶ目的を理解し、深く学ぼうとする意欲を育み、自己の個性や進路適性を判断し、将来設計を考えるキャリア教育の一環として、静岡県内の大学や専門学校を生徒が訪問し、体験的に学ぶ訪問体験学習を実施しています。今年度は、約25校の大学・専門学校に3年生約120名が分かれて訪問し、体験学習が実施されました。

 当日は同中学校の3年生9名が清水校を訪れ、学校紹介の後、エンジン始動体験、溶接見学、ロープワーク体験、操船シミュレータ体験、授業・実技見学を行いました。
最後に、質問タイムが設けられ、「溶接用の保護マスクを付けると真っ暗になるけど、どうやって溶接する場所を見つけてるの?」、「船の大きなエンジンの値段はいくらぐらい?」、「船員になろうと思ったきっかけは?」などの質問がありました。

 体験学習終了後、参加した中学生からは、「船員という職業に興味が湧いた。」、「ロープワークやエンジン始動体験などの体験学習が楽しかった。」、「貨物船が国内の物流に大きく関わっていることが分かった。」などの感想があり、中学生の進路選択の一助となる体験学習となりました。

 今後もJMETSでは、地域のイベントに積極的に参画し、地元に船員を育てる学校があることをPRし、子供たちが海や船への関心を深める活動に努めて参ります。

開講式

ロープワーク

溶接見学

操船シミュレータ

お問い合わせ
国立清水海上技術短期大学校 教務課 学生課   
電話:054-334-0922   FAX:054-334-3400
ここからサイトの主なメニューです