1. トップ
  2. 2017年度
  3. 海王丸が宮古港に入港します。
News

海王丸が宮古港に入港します。

2017年07月14日

 JMETS(海技教育機構)の練習帆船「海王丸」が、7月21日(金)に岩手県宮古港(藤原埠頭)に入港します。

 海王丸の宮古港への入港は、昨年に引きつづき2年連続になります。

 岩手県宮古市はJMETSの国立宮古海上技術短期大学校の所在地であると共に、練習帆船「海王丸」「日本丸」の船首像は、樹齢300年の宮古産の欅(けやき)を使用して制作されており、とても縁が深い港です。 

 入港期間中は一般公開などのイベントも予定しています。また日没から22:00までの間、イルミネーションを点灯します。

【海王丸イベント予定】

7/21(金) 10:00入港 入港後、入港歓迎セレモニー
7/22(土) 船内一般公開(09:00~11:30、13:00~16:00)
受付はそれぞれ終了時刻の30分前まで
7/23(日) 13:00からセイルドリル (展帆訓練:岸壁係留の状態でセイルを広げます)
7/25(火) 14:00出港(登しょう礼:実習生がマストに登って「ごきげんよう」と3回あいさつをします。)
次港:御前崎港(静岡県御前崎市)

※天候等により、予定が変更となる場合があります。

イベントの詳細は宮古市のホームページでご確認ください。

ぜひ、宮古港に入港した「海の貴婦人」と称される海王丸の雄姿を見にお越し下さい。
多くの方々の来船をお待ちしています。

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.