入学希望の方

概要・募集要項・入学試験について
掲載しています。

  1. トップ
  2. 入学希望の方

海技教育機構は、
海のプロフェッショナル
を育てる学校です。

海技の特徴 1
学校・練習船

国土交通省が所轄する独立行政法人海技教育機構は、
全国に8つの学校、5隻の大型練習船を有し、
わが国の海事産業を担う優秀な船舶運航技術者を養成しています。

全国に8つの学校、5隻の大型練習船を有する図

海技の特徴 2
教育・訓練

独立行政法人海技教育機構は、従来からの「新人教育」、「資格教育」、「実務教育・訓練」に加えて、
19年度より「水先教育」をスタートさせました。
海事社会におけるニーズを敏感にキャッチし、優秀な人材を安定的に育成し、
船舶の安全・効率的な運航の確保、海技の伝承の維持・向上に努めながら、
長いスタンスで船員のキャリアパスをサポートしていくこととしています。

  • 新人教育
  • プラス
  • 資格教育
  • プラス
  • プラス
  • 実務教育

    訓練
  • プラス
  • 水先教育

海技の特徴 3
就職率

海上就職率
100%
求人倍率
3.25倍

※海上技術短期大学校例(28年度実績)

「船員」

魅力

船に乗る在校生達の写真

魅力1
大海原が職場

乗船は、自宅から直接「船」へ。一般的な内航船は3ヶ月船、1ヶ月の休暇が標準です。航海は日本全国。イルカや海ホタルとの出会い。青い海、広がる大空の下で働きます。

魅力2
収入も安心

船内では食事、光熱費などの諸経費は会社が負担。航海中は手当もあります。新卒者の乗船中の給与手取り額は、平均20万〜25万円程度。もちろん正規雇用(正社員)です。

魅力3
まとまった休暇

長い休みを旅行や趣味に大いに活用できます。もちろん地元を離れて暮らすこともなく、実家で家族と過ごせます。また、旅客船や作業船など、休暇のサイクルが短い船もあります。
船の学校で夢をつかもう めざせ!!未来の船長・機関長船の学校で夢をつかもう めざせ!!未来の船長・機関長

お問い合わせ

学校教育部 教務課
電話:045-211-7308 FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.