練習船

銀河丸

  1. トップ
  2. 練習船
  3. 銀河丸

銀河丸

銀河丸二世(1972年12月就航)の代替船として、平成16年6月に就航しました。

また、海運界で多用されている装置の搭載し、実際に即した実習を可能にしました。多くの人が乗船することを考え、十分安全な船型、設備とし、十分な研究活動が行えるよう、その設備を整えました。

銀河丸

銀河丸の特徴

銀河丸の仕様

船名 銀河丸
航行区域 遠洋
船種 汽船
建造場所 三井千葉
船番 1570
起工年月日
進水年月日
竣工年月日
(2002)平成14年11月6日
(2003)平成15年12月12日
(2004)平成16年6月15日
信号符字 JFFP
船舶番号 137183
IMO番号 9271274
総トン数 6,185
国際総トン数 6,185
純トン数 1,855
載貨重量トン数 2,830.00
満載排水トン数 6,720.00
全長(m) 116.40
垂線間長(m) 105.0
型深(m) 船楼甲板/上甲板 10.50/8.00
満載喫水(m) 6.10
幅(フィン張出時) (m) 18.0
主機関 メーカー・型式
原動機種/基
三菱 7UEC 43 LSⅡ
ディーゼル/1基
プロペラ 4翼CPP×1
定格出力(kW)/(PS) 6,600/8,980
速力 最大/航海(k't) 20.50/18.65
スラスタ(PS) 815×1
最大搭載人員(実習生定員) 246(180)

お問い合わせ

総務部 総務課
電話:045-211-7303 FAX:045-212-0006

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.