1. トップ
  2. 2017年度
  3. JMTES練習船日本丸で「金比羅宮流し樽奉納式」を挙行!
News

JMTES練習船日本丸で「金比羅宮流し樽奉納式」を挙行!

2017年10月27日

~ 地元漁港の協力を得て航海の安全祈願を図る ~

JMETS練習帆船「日本丸」(船長:阿部真二郎)は、10月24日(火)に瀬戸内海を行動する機会を捉え、伝統ある風習に則り、流し樽の奉納を以て参拝に代えるべく「金刀比羅宮流し樽奉納式」を執り行いました。

日本丸では、航海の安全祈願と12月に控えた遠洋航海(ハワイ諸島)へ向けた実習生・乗組員の士気高揚を図るため、金刀比羅宮への参拝をしたい意向がありましたが、航海スケジュール等の関係で寄港ができなかったことから実施したものです。

今回は、付近の漁業協同組合の協力も得て、坂出沖を航行する際に樽を奉納するために海上に流し、漁船に拾っていただきました。

この奉納式は、海の神様である金比羅さんにお参りができない人が、航海の安全などの願いを込めて樽を海に流し、その樽を拾った人が金比羅さんへ代参し樽を奉納するという江戸時代から海の男たちに伝わる珍しい風習で、樽を流した人も、届けた人も、神のご加護があり心願成就すると伝えられています。

なお日本丸は、12月9日(土)に横浜港より遠洋航海に出航します。
御利益をいただき、安全航海が叶い、遠洋航海が無事に終えられることを祈ります。

奉納された樽

海に流された樽

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.