1. トップ
  2. 2017年度
  3. 国立口之津海上技術学校で選挙に関する講演会開催
News

国立口之津海上技術学校で選挙に関する講演会開催

2017年11月13日

~ 有権者として求められる力を身につけるために ~

平成29年11月6日(月)、JMETSの国立口之津海上技術学校(校長:中嶋 眞)において、全校生徒94名を対象に、長崎県南島原市総務部の山﨑 誠氏と永田 ちひろ氏のお二人を講師に招き「選挙に関する講演会」が開催されました。

講演では、(1) 日本の国政選挙の投票率は昨年の参議院選、今年度の衆議院選ともに53%前後であり、依然として低い状況であること (2) 昨年から選挙権が18歳に引き下げられたが今回のような主権者教育の効果もあり、18歳の投票率は20代前半の投票率を上回っていること (3) しかし、欧米等では投票率は80%近くあるのが一般的であり、少子高齢化が急速に進む我が国には、若者の声をもっと反映しなければならないこと等、重要なポイントを熱心に語られました。
その他、国によっては選挙に行かないと罰則があるという話や、生徒達が船員となった場合に是非とも関心を持たざるを得ない洋上投票の話もあり、生徒達は終始興味深く耳を傾けていました。

講演後、生徒からは「大変参考になる講義で、自分が投じる1票の重要さを認識した」「もっと政治に関心を持つ必要性を感じた」「洋上投票という制度があることを初めて知り、船員になって乗船中でも投票しなくてはいけないと思った」等の感想が聞かれました。
長崎県においては、県立高校での選挙に関する講演会を昨年から実施しており、3年に1回実施することにより、全ての高校生に対し「国家・社会の形成者として現在から未来を担っていくという公共の精神を育み,行動につなげていくこと」を啓蒙していくこととしています。

JMETSでは、今後も外部講師を招聘し、学生・生徒の社会人としての意識を醸成し、優秀な人材の育成に寄与してまいります。

口之津校

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314 FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.