1. トップ
  2. 2019年度
  3. JMETS練習船「大成丸」が名古屋港へ入港します
Press

JMETS練習船「大成丸」が名古屋港へ入港します

2020年02月17日

 2月28日(金)、JMETS(独立行政法人海技教育機構)の練習船「大成丸」が名古屋港(ガーデンふ頭3号岸壁)に入港します。

 一般公開では、航海船橋、実習船橋や最新鋭の機器類など、練習船「大成丸」の普段目にすることができない船内を見学することができます。「大成丸」に1月から海上技術学校の実習生104名が乗船しており、当日は実習生が船内案内を担当します。
 停泊中は日没から22時まで、船体イルミネーションを点灯します。多くの方のご来船をお待ちしております。

 JMETSでは今後も、国民の皆さんの海や船への関心が高まるよう、運航する練習船や教育設備を活用して海事思想の普及活動を進めてまいります。

【大成丸名古屋港入出港予定】

 2月28日(金) 10:30 名古屋港入港 
 3月 1日(日) 船内一般公開 中止
         午前の部 9:00~11:30、午後の部 13:00~16:00 
         ※ 受付はそれぞれ終了時刻の30分前まで

 3月 3日(火) 14:00 名古屋港出港 次港:横浜港
        (※ 天候等により、通知なしに予定が変更となる場合があります。)

【練習船「大成丸」の概要】
       練習船 大成丸

総トン数:3,990トン 全 長:91.28m
船 長:岡村 知則 (おかむら とものり)
機関長:足立 直陽 (あだち なおあき)
乗組員:船長、機関長ほか42名
実習生:国立館山海上技術学校 
    本科36名(うち女子1名)
    国立唐津海上技術学校 本科37名
    国立口之津海上技術学校 
    本科31名(1名) 合計104名(2名)

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.