1. トップ
  2. 2016年度
  3. JMETSにおけるODA船員教育者養成終了!
News

JMETSにおけるODA船員教育者養成終了!

2017年03月16日

            ~ アジア地域における船員教育者養成事業 ~

JMETS練習船銀河丸は3月10日(金)に横浜港に入港し、同船で乗船研修を受けていたミャンマー、ベトナム、インドネシアからの研修生6名が、研修を終え本船を下船しました。

この研修は、優秀なアジア人船員の養成・確保がASEANの経済発展だけでなく、我が国外航海運の安全性・安定性、国際競争力の向上に必要不可欠のため、国土交通省の「開発途上国船員教育者養成事業(ODA事業)」としてJMETSに委託されました。

具体的には、日本商船隊と関係が深いASEAN 4カ国(フィリピン、ミャンマー、ベトナム、インドネシア)の船員教育機関の教員等を日本に招き、JMETSの海技大学校で座学を実施の後、練習船で乗船研修を実施することで教育スキルの向上を図り、それぞれ自国に持ち帰って教育の質を高めることで優秀なアジア人船員の養成・確保に資することを目的とするものです。

本年度、JMETSでは上級研修としてフィリピンより6名、標準研修としてフィリピン以外の3ヵ国よりそれぞれ4名ずつ(計12名)教官を受け入れ、このたびの下船をもってすべての研修を終了しました。本年度はJMETS統合後初の研修であり、座学・乗船両研修を連携させたカリキュラムとするとともに、船員関係条約に関する体系的な講義を新設し、また教育手法の講義により重点を置くなどの見直しを行いました。研修生からは、本研修が大変有益である、教育手法の講義をもっと受講したいなどの評価を受けました。また、自らの指導方法を見直すきっかけとなったとの具体的な研修成果について聴取することができました。

研修生は、帰国後、自らの教育スキルを向上するとともに、学習内容を活かして、母国の船員教育機関のリーダー的存在として活躍することが期待されています。

JMETSは国及び国際機関の要請に応え、優秀な船員の育成のための効果的な教育訓練の提供を図って参ります。

修了証書授与

下船式記念撮影

お問い合わせ

上級教育・研究国際部 国際課
電話:045-212-0005(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.