1. トップ
  2. 2018年度
  3. JMETS練習船3隻で下船式・修了式を行いました
Press

JMETS練習船3隻で下船式・修了式を行いました

2018年09月14日

~大成丸・銀河丸・青雲丸が9月10日(月)、それぞれの港で~

 9月10日(月)、JMETS(海技教育機構)の練習船3隻において、下船式及び修了式が執り行われ、優等生表彰などの各種表彰も行われました。

 大成丸は東京港にて、清水海上技術短期大学校専修科111名(うち女子12名)の下船式を行いました。停泊している晴海埠頭は時折雨が降っていたため、下船式は教室で行われました。船長からは、今回の実習を振り返りながら、次の実習に期待することを織り交ぜて激励の言葉がかけられました。
 銀河丸は呉のドックにて、東京海洋大学航海科20名(1名)、神戸大学航海科22名(1名)、商船高等専門学校(富山、鳥羽、大島、広島、弓削)航海科26名(9名)、機関科82名(2名)合計150名(13名)の修了式を行いました。実習生は全員乗船実習を無事に修了し、清々しい面持ちで元気に下船して行きました。3ヶ月の乗船実習期間中、国内航海やシンガポール遠洋航海で見聞を広めることができ、船員としての資質の涵養、知識技能の習得はもちろんのこと、これからの人生にとっても大変有意義な経験になったようです。
 青雲丸は横浜港にて、海技大学校航海科10名(1名)、機関科7名(0名)、合計17名(1名)の下船式、及び海上技術学校(小樽、館山、唐津、口之津)乗船実習科36名(0名)、商船高等専門学校(富山、鳥羽、大島、広島、弓削)航海科61名(3名)、海技大学校航海専修7名(2名)、機関専修3名(0名)、東京海洋大学機関科13名(1名)、神戸大学機関科7名(1名)、合計129名(12名)の修了式が行われました。

 下船した海技大学校の実習生は12月まで青雲丸での実習が続きますが、修了式を終えた実習生は練習船での実習を終え、それぞれ次のステップへ進んでいきます。青雲丸はこの実習期間に西日本豪雨被災地での支援活動や台風による行動変更もありました。実習生にとってこれらの経験は人生の大きな糧になることと思います。
 JMETSの練習船はこの後入渠などののち、10月からまた新たな実習生を乗せ、航海実習訓練を開始します。引き続き皆様のご支援をお願いします。

大成丸下船式

銀河丸修了式

青雲丸下船式・修了式

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.