1. トップ
  2. 2019年度
  3. 練習帆船「海王丸」が遠洋航海に出航しました
News

練習帆船「海王丸」が遠洋航海に出航しました

2019年04月26日

~神戸港からオーストラリアのダーウィンへ、出航式も開催~

 平成31年4月26日(金)14時、JMETS(独立行政法人海技教育機構)の練習帆船「海王丸」が、神戸港から、オーストラリアのダーウィンへ向けて約2ヶ月間、往復約14,000キロに渡る遠洋航海に出航しました。
 練習船の、南半球への遠洋航海は平成27年の銀河丸以来4年ぶり、ダーウィンへの入港は、昭和55年の進徳丸以来39年ぶりとなります。
 赤道を挟み南北に渡る今回の遠洋航海では、日本のエネルギー産業の根幹のひとつである豪州航路を通じて、南半球特有の気象・海象、天文航法を学びながら、航海当直、シーマンシップ、機関の運転・整備、緊急事態への対応等、船舶の運航に関する知識及び技能を習得するとともに、外国寄港地における国際親善に寄与することを目的として、ダーウィンへ寄港します。
 出航式では、多くの来賓や保護者などが出席し、神戸市の観光大使マリンメイトから、船長及び実習生代表に花束が渡されました。また、岸壁からは多くの方にUW旗を振って見送っていただきました。
 ダーウィンには6日間停泊し、その間船長レセプションや市長表敬訪問を行うなど、現地の方々との交流を予定しています。

地図

■航海スケジュール
平成31年4月26日(金)13:00 出航式(海王丸船上)
          14:00 神戸発
         (神戸港新港ふ頭第一突堤C岸壁)
令和元年5月6日(月) 赤道通過
    5月17日(金) ダーウィン着   
    5月22日(水) ダーウィン発  
    6月8日(土) 神戸着
天候等により予告無しに予定が変更となる場合があります。

海王丸 出航式

■練習船「海王丸」の概要(愛称「海の貴婦人」)
船 名:海王丸(かいおうまる) 
進水日:1989年3月7日
総トン数:2,556トン 
全 長:110.09m
船 長:外谷 進(とや すすむ)
機関長:寺尾 司(てらお つかさ)
乗組員:船長、機関長ほか55名
実習生:
東京海洋大学、神戸大学 56名(内女子6名)
海技大学校 39名(2名) 
海洋研修生5名(1名)・指導員2名 
合計102名(9名)

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.