1. トップ
  2. 2019年度
  3. 練習船5隻で4分の1期の下船式を行いました
Press

練習船5隻で4分の1期の下船式を行いました

2019年06月12日

6月10日(月)、JMETSの練習船5隻において、下船式が執り行われました。
下船式では、船長らから実習生に3ヶ月間の実習訓練航海へのねぎらいの言葉がかけられました。

海技短大及び6級海技士養成課程の実習生が乗船していた大成丸では、内航総連の小比加恒久会長が下船式に出席され、実習生へ「卒業後は我が国の物流の大動脈である内航業界で活躍して欲しい」などの激励の言葉がかけられました。

各練習船はこの後入渠などを行い、次期の実習訓練航海に備えます。

【下船式概要】



実習生 ( ):女子数 合計




海上技術学校          乗船実習科 105名(3名)
(小樽、館山、唐津、口之津)
105名
(3名)




大学(東京海洋大、神戸大)   航海科   43名(5名)
                機関科   13名(1名)
海技大学校           航海科   10名
                機関科   6名
                航海専修  6名(1名)
                機関専修  3名
                航海専攻  11名(1名)
                機関専攻  2名 
94名
(8名)




海上技術短期大学校(波方)   専修科   87名(3名)
6級海技士(尾道、九州)    短期養成科 24名(3名)
111名
(6名)




海上技術短期大学校(宮古、清水)専修科  148名(13名)
海技大学校           機関専攻  12名
160名
(13名)




高等専門学校          航海科   81名(13名)
(富山、鳥羽、大島、広島、弓削)
                機関科   84名(8名)
165名
(21名)

海王丸下船式

青雲丸下船式

大成丸下船式

内航総連小比加会長

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.