1. トップ
  2. 2021年度
  3. 練習帆船「日本丸」「海王丸」が名古屋港に入港します
Press

練習帆船「日本丸」「海王丸」が名古屋港に入港します

2021年10月29日

 ~名古屋港管理組合設立70周年に合わせ4年ぶりの名古屋港同時入港~

JMETS(海技教育機構)の練習帆船「日本丸」「海王丸」の2隻が、名古屋港管理組合の寄港要請に応え、名古屋港管理組合設立70周年に合わせ、11月4日(木)~9日(火)の期間、名古屋港(ガーデンふ頭2、3号岸壁)に入港します。停泊期間中は日没から21時までの間、イルミネーションを点灯します。

【「日本丸」「海王丸」名古屋港イベント予定】
11月4日(木)10:00  ガーデンふ頭同時入港
       11:00  入港歓迎式典
11月6日(土)13:00~15:00 展示会
        (本船の動画放映及び装備品、写真パネルなどの展示)
11月7日(日)10:00~15:00 展示会
        (本船の動画放映及び装備品、写真パネルなどの展示)
11月9日(火)10:00  名古屋港 同時出港

○ 展示会では実際に使用している装備品や実習の様子をご紹介するほか、近くのブースにてJMETSコラボバージョンの船印帳、「日本丸の壱」(別名「帆船・日本丸」)を販売します。
○ 新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインに基づき、今回の寄港中は、船内にお入りいただくことはできません。また、セイルドリルや登しょう礼も実施いたしません。

 なお、予定は予告なく変更する場合があります。

【練習帆船「日本丸」概要】
船 長:真鍋 吉範(まなべ よしのり) 
機関長:滝本 剛士(たきもと たけし)
総トン数:2,570トン 
進水年月日:1984年2月25日
乗組員:船長、機関長ほか49名

【練習帆船「海王丸」概要】
船 長:新田 邦繁(にった くにしげ) 
機関長:東福 守(とうふく まもる)
総トン数:2,556トン 
進水年月日:1989年3月7日
乗組員:船長、機関長ほか50名 
実習生:国立波方海上技術短期大学校 専修科63名

平成29年に名古屋に同時入港した際の日本丸、海王丸

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.