1. トップ
  2. 2021年度
  3. 海技教育機構公式船印帳「日本丸の壱」販売に係る事業協賛寄附金授与式を執り行いました
Press

海技教育機構公式船印帳「日本丸の壱」販売に係る事業協賛寄附金授与式を執り行いました

2021年12月17日

   ~御船印めぐりプロジェクトがJMETSの教育事業を支援~

令和3年12月16日(木)、海技教育機構(JMETS)本部において「御船印めぐりプロジェクト」を主宰する事務局から日本旅客船協会の「船旅アンバサダー」でもある 小林 希 氏のご訪問をいただき、船印帳「日本丸の壱(別名「帆船・日本丸」)」の販売に係る事業協賛寄付金の贈呈を受ける授与式を執り行いました。

 JMETSは、海事思想普及及び自己収入の拡大の一環として「御船印めぐりプロジェクト」に参加し、10月より「日本丸の壱」(別名「帆船・日本丸」)の販売を開始しています。
 この船印帳は練習船寄港地のイベントで販売するほか、「御船印めぐりプロジェクト」に参加している各船会社においても一部取扱っていただいており、その売上の一部は事業協賛寄附金としてJMETSの船員教育支援に充てられます。
 令和3年12月16日(木)、JMETS本部にて事業協賛寄附金授与式が執り行われ、本プロジェクトを運営する「御船印めぐりプロジェクト」事務局より、当該プロジェクト事務局を代表し、日本旅客船協会公認の船旅アンバサダーでもある 小林 希 氏にお越しいただき、田島理事長に直接目録が手渡されました。

【事業協賛寄附金授与式】
日 時:令和3年12月16日(木)14時~15時
場 所:JMETS大会議室
出席者:
御船印めぐりプロジェクト事務局 小林 希(のぞみ)氏
独立行政法人海技教育機構理事長 田島 哲明(のりあき)

 授与式では、目録を受け取った田島理事長が「このようなプロジェクトに参加させていただいたことは光栄。さらに当機構の事業に協賛し寄附までいただけるということに、感謝申し上げます。」とお礼の言葉を述べるとともに、「コロナ禍にて恐る恐る販売を始めたが、大変好評をいただき大きな手応えを感じています。」と述べました。
 また、記者との懇談の中で、小林氏は「この船印帳は寄附付き商品ということで、購入者からも好意的なご意見を頂戴しています。消費者側としても業界に寄与できる商品を、と気にかけていただいているようです。この印帳を通して船員さんへの感謝の気持ちが少しでも伝わればと思います。」との感想を述べられました。
 JMETSは、今後も船印帳の販売方法等の充実を図りながら、海事広報活動に力を入れてまいります。

お問い合わせ

企画調整部 業務推進課
電話:045-211-7314(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.