1. トップ
  2. ●先輩からのメッセージ

●先輩からのメッセージ

【学校教員】

下山 拓真 2012年採用 

国立波方海上技術短期大学校 教諭

JMETSに入社した動機
 前に所属していた船社で、海上勤務を一旦終えて陸上勤務をしているときに東日本大震災が起き、世の中が一変したことが自身の将来について思考を巡らすきっかけとなりました。そんな折、何気なくインターネットで船関連の職業を閲覧していると、海技教育機構の教員募集ページにふと目が止まりました。社会基盤である海運業、その海運界で活躍する船員を育てるという仕事に直感的に魅力を感じ、応募を決めました。

仕事のやりがい
 海運業界を支える船員を育てていることはもちろんですが、この仕事のやりがいは、何と言っても生徒・学生の成長を目の当たりにできることだと思っています。そして、自身のがんばりがそのまま生徒・学生の成長につながることです。
 “どのように話したら分かりやすいか”、“どのような資料であれば覚えやすいか”、“どのように実技を見せたら自分でできるようになるか”など、常日頃から試行錯誤の連続で、ときには生徒・学生のためになっていないのではないか、彼らに疎まれる存在になっているのではないかなど、疑心暗鬼に陥ることもあります。
 それでも反省と改善を繰り返し、自分なりに教育に向き合っていく中で、できなかった学生たちができるようになり、乾いたスポンジが水を吸うように、どんどんと知識や技術を吸収してくれる姿にやりがいを感じています。卒業するとき、何人かの学生から「ありがとうございました」の言葉をかけられたとき、全てが報われたように感じることができますし、卒業後に船員として元気に働いていることを知ると、心から嬉しく思います。

ある1日のスケジュール
08:10 出勤
08:25 朝のミーティング
08:30 1時間目:航法1(座学)
09:30 2時間目:情報技術(座学)
10:30~12:20 3・4時間目:航海実技(実技)
12:20 昼休み
13:20~17:00 午後:海上実習(実習)
17:30 翌日の準備をして退勤

JMETSの教員を希望される方へのメッセージ
 毎年、多くの新入生が入学し、卒業していきます。学校行事や実技・実習、クラブ活動や学生寮での学生たちとの交流など、日々変化と刺激がある職場ですから、環境の変化を楽しむことができる人にとっては素晴らしい仕事だと思います。もちろん、将来の海運業界の一翼を担う船員を育てることに情熱を持っている人には最適な職場です。一生懸命に生徒・学生と接すれば接するほど、それに伴う苦労もありますが、それを超えるやりがいを得ることができます。

【海上職員】

伊藤 友希 2018年10月採用

練習船 三等航海士

JMETSに入社した動機
 私は「海」が身近にない岐阜県で生まれ育ちました。「自然に囲まれた職業に就きたい」、「自分の知らない世界の視野を広げたい」と思い「船乗り」を目指しました。大学在学中にJMETS練習船による乗船実習を経験した時、一緒に乗船していた練習船職員が実習生に対して元気に爽やかに接する姿と、熱意を持って指導する姿を見て練習船の職員に憧れを抱きました。人や荷物を運ぶ「船乗り」ではなく、「船乗り」の魅力を実習生に伝え、我が国の海運界を人材育成の面から支えたいと思いJMETSを志望しました。

仕事のやりがい
 練習船職員の仕事は、練習船を運航する「船務(せんむ)」、実習生に対して航海訓練を実施する「教務(きょうむ)」、船舶や航海訓練等に関する「調査研究」があります。私の現在の船務として代表的な内容は、本船の救命・消防に関する保安応急の担当者として、非常時に使用する設備の点検や運用等を行っています。練習船職員の1人として、本船の運航に携わっていることに誇りをもっています。また教務面でも船務と関係する保安応急の内容を、実習生に対して教えています。実習生に対する航海訓練の指導や生活指導は難しい時もありますが、適切に指導でき、実習生の成長を感じた時は大きな達成感を感じます。私が特にやりがいを感じる時は、実習生に天文航法を教え、実際に大洋航海に出て、天文航法により目的地まで航海できたときの実習生の成長を確認できた時です。私自身が天体を使って航海を完遂するという経験を通して、大自然の中で生かされていることを実感し、感動したため、そのことを実習生に伝えることに強いやりがいを感じます。

ある1日のスケジュール
05:30 起床
06:35 整列・点呼
06:40~07:30 実習生掃除指導
07:30~08:30 朝食、休憩
08:30~12:00 午前課業(講義、実習、デッキ上での作業)
12:00~13:00 昼食、休憩
13:00~16:30 午後課業(講義、実習、デッキ上での作業)
17:00~17:30 夕食
17:30~22:30 休憩(実習生との交流、釣り等)
22:30 就寝

休暇中の過ごし方
 趣味が旅行なので、休暇中は旅行に行っています。就職1年目に最初の休暇として約3ヶ月間いただきました。この初めての休暇でオーストラリア、沖縄、東北各地を旅行しました。JMETSは1ヶ月~3ヶ月間程度のまとまった休暇を取得することができることと、休暇時期を事前に知ることができるため、休暇期間中の旅行等の計画を立てやすいです。また、長期休暇は時間的に余裕があるため、今まで知り得なかった世界に足を踏み入れ、多様な経験を積むことも可能です。私は今年度の休暇で、ピアノレッスン受講、裁判所での裁判傍聴、ボランティア活動実施等、多くの経験をして、知見を広げることができました。

入社を希望する学生へのメッセージ
 将来の職業を迷っている方へ。海技士という資格を目指す実習生に、必要な知識・技術を習得させるとともに、我が国の海運界を支える実習生に夢を与える仕事を一緒にしませんか?JMETSは日本の船員教育機関の核となる組織です。JMETSでは練習船の現場で働くだけではなく、現場で習得した知識・技術をもとに、陸上でその能力を発揮できるポストもあります。就職後の教育制度も充実しており、経験を積みながらスキルアップが可能です。大海原を舞台に「船乗り」の魅力を実習生に伝え、我が国の海運界を人材育成の面から支えていきましょう。



伊藤 祐基 2018年10月採用 

練習船 三等機関士

JMETSに入社した動機
 私は物心ついたころから機械に興味があり、将来は機械を扱う仕事に就きたいと考えていました。進学先を探す中で大きなエンジンを持つ船舶に興味を持ち、商船系の大学に進学しました。実習生として乗船していた練習船で仲間と教えあうことが度々あり、人に何かを伝えるという事の楽しさを知りました。そして、それが自分に向いているのではないかと考えました。また、練習船機関士の方々が機器の整備作業と実習生の指導をテキパキとそつなく両立している姿を見て憧れ、私もJMETS練習船機関士の一員として働きたいと考え、就職を希望しました。

仕事のやりがい
 就職するとすぐに、先輩機関士のサポートがあるものの、何台もの機器を担当することになります。私が担当する機器は他部の業務に関連する装置が多く、技術的なトラブルが発生した時は、他部から“修理できるよね”といった期待と暗黙のプレッシャー(?)が重くのしかかります。しかし、そのトラブルの解決は機関部にしかできませんから、その時はやりがいも感じますし、修理完了後の達成感は比べものになりません。
 整備作業は、いつも順調に進むわけではありません。その時は図面とにらめっこし、試行錯誤の連続となりますが、その回り道と思われる時間でも新しい発見があり、エンジニアリングの面白さを感じます。練習船では、教官という立場もあります。就職してすぐには講義を持つことはありませんが、最近は自分が担当する機器の講義を行っています。先輩機関士から、理解度が深まる講義方法のアドバイスを受けたり、講義終了後に実習生から感想を聞き、今後の講義に反映するようにしています。実習生から「今まで苦手な分野だったけど、この講義でよく理解できた」と言われた時は、思わず笑みがこぼれてしまいました。

ある1日のスケジュール
05:50 起床 
06:30 整列点呼、体操
06:35~07:15 実習生の掃除指導、整備作業準備
07:15 始業ミーティング
07:30 朝食
08:30~12:00 整備作業又は講義及び実習指導
12:00 昼食
13:00 整列点呼、体操
13:00~16:30 整備作業又は講義及び実習指導
16:30 終業ミーティング
17:00 夕食
18:00~19:00 整備作業報告書作成、翌日の整備作業又は講義及び実習準備
19:45~20:00 実習生居住区掃除指導
20:00~20:45 船内巡視(当直時)
21:00 自由時間
23:00 就寝

休暇中の過ごし方
 JMETS練習船の就業サイクルは、1年のうち9ヶ月の乗船と3ヶ月の陸上休暇というサイクルです。休暇時期は年度開始前には決定しており、計画が立てやすいことが嬉しいです。
2020年度の陸上休暇はコロナ禍で思ったように遠出はできませんでしたが、趣味であるツーリングやサイクリングを楽しみました。自転車を車に乗せて移動し、色々なところをポタリング(ゆっくり気楽な自転車での散歩というイメージ)してきました。なかでも印象に残っているのは山口県の角島大橋です。水平線と橋のコントラストが美しく、長い時間眺めていたのを覚えています。次の陸上休暇では、趣味を楽しみつつ上級免状の取得を頑張ろうと思います。

入社を希望する学生へのメッセージ
 JMETS練習船機関士は、実習生から見ると大変そうに見えるかもしれません。しかし、担当する機器の整備や講義をするために自身で様々なことを調べて学び、その学んだことを機器の整備だけでなく実習生への指導にも生かすことができます。実習生と寝食を共にするので、彼等が頑張って日に日に成長していく姿を目の当たりにできるというのも、練習船ならではの魅力です。同時に大きな責任が課せられますが、その重い責任を楽しめるのも、この仕事の醍醐味です。




新山 藍 2019年4月採用 

練習船 甲板部員

JMETSに入社した動機
 一般商船とは違うタイプの船に就職を希望していたところ、進路担当の先生にJMETSを勧められたことがきっかけでした。自分の高校の実習船で、厳しくも楽しい様々な経験をしたことを思い返し、乗船中に少しでも実習生に様々な技術を習得してもらい、これからの日本を支える人材になってもらいたいと考え、このJMETSへの就職を決めました。

仕事のやりがい
 色々な仕事を教えてもらえる時と、実習生の成長を見られた時です。一つの仕事でも違うやり方があったりと難しいですが、いろんな人のやり方を教えてもらったり、新しい事を教えてもらえたりする時、少しずつでも成長できていることを実感し、やりがいを感じます。また、甲板員は課業中に学生と関わる事は少ないのですが、出入港部署配置等で一緒になった実習生に作業を教え、次にまた一緒の配置になった際にさっと作業ができるようになっている様子を見ると少しでも手助けできたかな、と嬉しくなります。

ある1日のスケジュール
06:00 起床
06:30 掃除開始
07:15 ミーティング。その後朝食
08:30 点呼、課業始め(小休憩あり)
12:00 課業止め。昼食
13:00 点呼、課業始め(小休憩あり)
16:30 課業止め。夕食、後自由時間

休暇中の過ごし方
 バイクに乗ってキャンプに行ったり、友達と遊びに行ったり、勉強をしたりと自由に過ごしています。
JMETSは3ヶ月の連続休暇(入構1年目は2ヶ月休暇)の他に、6月と12月にも少しお休みが頂けるので、3ヶ月乗船の1ヶ月休暇体制の他の会社で船に乗っている高校の時の友達とも遊べるのが嬉しいです。

入社を希望する学生へのメッセージ
 自分自身が成長できるだけでなく、これからの海運業を担っていく実習生の成長を見られる所がJMETSの良い所だと思います。その他にも全国の港に入れたり、休暇の体制がしっかりしていたりと働きやすい職場です。また、他の会社よりこの道何十年のプロ達が多いので、作業ひとつでもいろんな人から様々な意見が聞けて大変勉強になります。部員兼教育者になるので大変ですが、共に働ける事を楽しみにしています。




中山 陸 2017年10月採用

練習船 機関部員

JMETSに入社した動機
 幼い頃からマリンスポーツに親しんでいたため、海や船を身近に感じていました。海と船に関わる仕事がしたいと思い、海上技術学校に進学しました。そこで体験した大型練習船での実習を通じて、船内で修理作業を行う機関部の姿に憧れ、機関部員としての道を選びました。人と接すること、そして、人に何かを教えるということが好きな私にとって、実習生から刺激を受けて仕事ができるというJMETS練習船の環境が自分に合っていると思い、就職を決めました。

仕事の内容とやりがい
 機関員として4時間の当直業務を1日2回行っています。停泊中は、1人でプラント維持・監視作業を行いますが、航海中は、その作業の他、当直機関士らと共に原動力である主機や発電機原動機、造水器などの補機器の運転操作を行いながら、実習生の実習指導サポートも行っています。また、当直シフトのタイミングで、デイワークもあります。そこでは、先輩方と一緒に溶接や旋盤などの工作機械を使用して、船内修理作業を行っています。
 練習船職員としての大きなやりがいは、なんと言っても実習生への指導です。機器操作を指導する時は、単にバルブ、スイッチの操作を指示するのではなく、機器の作動も説明するように心掛けています。教えるための準備も大変ですが、実習生が私の説明に納得してくれたときの達成感は格別です。機器のトラブルが発生しても、その原因が判明し、無事に復旧した時の充実感も何とも言えません。また、上司から工作物を依頼された時、その工作物の使い勝手の良さを褒められると、やっぱりうれしいです。

休暇中の過ごし方
 1年のうち3ヶ月の陸上休暇があります。以前は、その休暇を利用して海外旅行を楽しんでいましたが、最近は子供が産まれたので、彼にべったりです。練習船は、1年間の行動予定が決められているので、自宅に近い寄港地であれば家族と一緒に過ごす時間を計画的に持つことができます。また、乗船中でも各寄港地で少なくとも1日、東京港や神戸港ではある程度まとまった休暇があるので、時間が取れれば、趣味のサーフィンを楽しんでいます。

入社を希望する学生へのメッセージ
 どの業界でも同じだと思いますが、就職して感じるのは、人との意思疎通の大切さです。実習生に良好な実習環境を提供するためには、船の安全運航が求められます。そのためには、船が一つのチーム(ONE TEAM)となって進んでいく必要があります。特に練習船は多くの実習生が乗船しますので、人と接することが好きな人には良い職場だと思います。JMETS練習船は、自分の努力次第で知識や技術を身に付けられる環境です。「優秀な船員を育てる」という目標に向かって、一緒に働ける日を楽しみにしています。



海田 遼太郎 2017年10月採用 

練習船 事務部 (司厨員)

JMETSに入社した動機
 調理専門学校に在学中、特殊な環境で面白い体験ができる職場はないだろうかと考えていたところ、高校の先生から一度は地元を離れてみることを勧められたことや、「どくとるマンボウ航海記」「十五少年漂流記」を読んだことなどをきっかけに、船で働くことへの憧れを持つようになりました。そして、就職活動の際、JMETSの求人情報を閲覧したところ、ここ以上に特殊な職場はないに違いないと確信し、入社を決めました。

仕事のやりがい
 船内生活と船外生活、大きく分けて二種類のやりがいがあります。船内では実習生や乗組員に「ご飯がおいしい」と言ってもらえることや、事務部の先輩や後輩ととりとめのない話をして過ごすこと、仕事終わりに少しだけお酒を飲んだりする度に働き甲斐があるな、と感じています。海の景色を見るのも好きで、遠洋航海の際、甲板をウロウロと歩き回って、船の周囲360度すべてが空と水平線と海だという光景を目にしたときには、愕然としましたし、感動しました。
 船外では、初めての寄港地に着いた際、観光やショッピングを楽しんでいました。見知らぬ土地に降り立って、観光スポットを探して足を運び、おいしい食事や面白い土産物を買って楽しむことが、私にとっての船乗りの醍醐味です。船内での休憩時間には、次はどこに行こうか、どこに行けるだろうか、と考えながら楽しんでいます。旅行の楽しみは計画を立てることにもありますから。

ある1日のスケジュール
05:15 起床           
06:00 朝食準備         
08:15 片付け          
08:30 休憩           
10:00 昼食準備         
12:30 片付け 
13:00 休憩
15:00 夕食準備
17:30 片付け
18:00 自由時間(食事、入浴)
22:30 明日に備えて就寝

休暇中の過ごし方
 普段は地元を離れて働いているので、その反動か、あまり遠出しません。また、三ヶ月の休暇がどの季節に当たるかによって、過ごし方が変わってきます。春から夏にかけてはバイクに乗ってツーリングしたり、秋から冬にかけては屋内で読書やゲームをして楽しんでいます。学生の頃の友人も働いていて、休みが合うことは少ないのですが、集まれるときは集まってボードゲームなどをして、盛り上がっています。休みが長いと夜更かしをしがちで昼夜が逆転してしまう、というのはよくある話ですが、これも長期休暇のある船員の特権だと開き直り、昼夜気にせず、時間を有効に活用しています。

入社を希望する学生へのメッセージ
 日本という国は海洋貿易なくしては成り立たず、その支えになれるのはモチベーションになります。現実的なことをいえば、衣食住のうちの食と住にお金をかけずに済みますから、若い時分からしっかりとお金を貯めることもできます。私は船のことに関してはまったくの無学で、面白そうだな、というだけでこの世界に飛び込んだ人間ですから、これを読んでもらった学生さんには、こんな人もいるんだな、と思って頂けたら幸いです。

【事務職員】

金川 りな子 2020年採用

本部 総務部 会計課

JMETSに入社した動機
 小学生の頃から横浜の海が近くにあり、当たり前のように海が好きでした。そのようなことは普段あまり意識しませんでしたが、就職活動を迎え自分のやりたいことは何であるのかを見つめ直した際に「海の近くで働きたい」という気持ちに気が付きました。職種としては細かいことに気が付く自分の性格を活かせるような事務職を希望していたこともあり、JMETSで事務職として働くことを志望しました。

仕事のやりがい
 社会人となって初めてのことばかりのなか、まだまだ覚束ないこともありながら今の職務は自分に合っていると感じています。私の職務は会計課にて契約に関することを担当する調度係というものです。初めて着任した際には調度という単語からは家具しか連想出来なかった私でしたが、独立行政法人という組織で契約をする際に必要となる様々な手続きも大方理解してきたように思います。
 そんな私が、調度の仕事で最も象徴的なものだと考えているのが一般競争入札です。海技教育機構ホームページにも「調達情報」という形で入札に関する情報が公開されております。独立行政法人である当機構は一定の基準を満たす案件については、入札を行わなければならないと規定に定めています。入札を行うためには凡そ1ヶ月程度の準備期間が必要となり、一つ一つの案件が無事落札となるまでは気が抜けません。職務にはシンプルで単純な作業というものはあまり多くなく、ケースバイケースでの判断が必要となるものばかりです。まだまだ私一人では判断しきれないものも多く、周囲の皆さんに支えられて毎日奮闘しています。それでも、様々な課題を乗り越えて、やっと落札となるとほっと一安心、やりがいや達成感を感じます。

ある1日のスケジュール
06:50 起床
07:50 出発
08:50 出勤
09:00 勤務開始
12:00~13:00 お昼休み
17:45 勤務終了
19:00 帰宅
~24:00 夕ご飯を食べる、明日の準備、そして就寝

入社を希望する学生へのメッセージ
 私が就職活動をしていた頃と違い、今の学生の方はこれまでになかった種類の苦労を必要とする就職活動を行っているかと思います。就職活動で心が磨り減る中で、面接官の方が怖く感じることもあるかもしれません。緊張しないということは無理かと思いますが、何時でも心の中に頼れる人物を呼び出せるようにしておくと良いかと思います。何があっても自分は自分でしかないので、就職活動で変えられないものまで変える必要はないはずです。自分に出来ることを精一杯やり遂げてください。

お問い合わせ

総務部 人事課
電話:045-211-7302(平日9:00~17:00) FAX:045-212-0006

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.