1. トップ
  2. 2016年度
  3. 第一回研究発表会の開催について
News

第一回研究発表会の開催について

2016年09月02日

海技教育機構の第一回研究発表会を開催します。

海技教育機構は、平成28年4月1日に旧航海訓練所と旧海技教育機構が統合され、新たな研究機関となったものです。
陸上の研究施設である海技大学校と海上の練習船隊がそれぞれの特徴を活かし、必要に応じて一体的に運用され、船員教育訓練及び船舶の運航技術等に関する研究活動を実施しています。

研究発表会では、海技教育機構ならではの独自研究や、外部研究機関等との共同研究の成果を発表いたします。
また、今回は羽尾海事局長がご来賓として出席され主催者挨拶に続きご挨拶をいただくほか、東北大学の高橋 信 教授ほか、3名の著名な方に特別講演をいただくこととしており、いずれの講演内容も大変興味深いテーマとなっております。

当日は、海技大学校(芦屋市)にてWEB中継により放映します。
・横浜第二合同庁舎共用第一会議室講演→海技大学校多目的教室
・横浜第二合同庁舎共用第二会議室講演→海技大学校PC演習室

入場料は無料、事前登録も不要です。参加をご希望の方は直接ご来場ください。
(但し御名刺又は御記名をいただきます。)

開催日 2016年9月29日(木)
会 場 横浜第二合同庁舎1階 共用第一・第二会議室
講演時間 午前の部 10時30分~12時30分
午後の部 13時30分~17時00分
来賓挨拶 10時45分頃
国土交通省海事局長 羽尾 一郎氏
特別講演

安全の新しい捉え方Safety-Ⅱとレジリエンスエンジニアリング
北村 正晴(東北大学 名誉教授)

Safety-II概念に基づく良好事例からの教訓獲得と安全性向上
高橋  信(東北大学大学院 工学研究科 教授)

北極海航路の安全運航のための基礎研究 —北極海航路ハンドブックの作成—
大貫  伸(日本海難防止協会 研究総括本部) 

教育・実習への適用のための機関点検支援システムの機能拡張
疋田賢次郎(海上技術安全研究所)

以下プログラム中○は発表者

【第1共用会議室】  10:30~17:00 

開会

10:30~10:50
船陸一体となった研究機関としてのJMETSについて
○野崎 哲一(JMETS 理事長)
10:50~11:10
来賓挨拶
〇羽尾 一郎(国土交通省 海事局長)

北極海航路・国際条約

11:10~11:30
【特別講演】 北極海航路の安全運航のための基礎研究 —北極海航路ハンドブックの作成—
○大貫  伸(日本海難防止協会 研究総括本部) 
11:30~11:50
IMOの極海コードに係る訓練要件の策定と訓練課程の準備状況
○巣籠 大司(JMETS 本部 上級教育・研究国際部)
 遠藤小百合(JMETS 海技大学校)
 久保野雅敬(JMETS 海技大学校)
 佐藤 歩美(JMETS 本部 上級教育・研究国際部)
 伊崎 朋康(JMETS 本部 上級教育・研究国際部)
11:50~12:10
IGFコードに対応する訓練課程の準備状況
○佐藤 歩美(JMETS 本部 上級教育・研究国際部)
 巣籠 大司(JMETS 本部 上級教育・研究国際部)
 前田  潔(JMETS 海技大学校)

【安全マネジメント・レジリエンスエンジニアリング】 

13:30~14:00
【特別講演】 安全の新しい捉え方Safety-Ⅱとレジリエンスエンジニアリング
○北村 正晴(東北大学 名誉教授)
14:00~14:30
【特別講演】 Safety-II概念に基づく良好事例からの教訓獲得と安全性向上
○高橋  信(東北大学大学院 工学研究科 教授)

【教育訓練】

14:40~15:00
【特別講演】 教育・実習への適用のための機関点検支援システムの機能拡張
○疋田賢次郎(海上技術安全研究所)
 沼野 正義(海上技術安全研究所)
 石村惠以子(海上技術安全研究所)
 多田 恭祐(JMETS 青雲丸)
15:00~15:20
6級航海専修に対するオンボード操船シミュレータ装置を活用した実習手法について
○天野佳保里(JMETS 大成丸)
 阿部 大志(JMETS 大成丸)
 木戸秀太郎(JMETS 大成丸)
 新田 邦繁(JMETS 大成丸)
15:20~15:40
機関室シミュレータを用いたERM訓練について -ERM教育訓練に対する意識醸成-
○楠  将史(JMETS 青雲丸)
 野田悠太郞(JMETS 青雲丸)
 奥田 勝三(JMETS 青雲丸)
15:40~16:00
プロジェクションマッピング技術を利用した機関シミュレータ開発について
○松崎 範行(JMETS 本部 上級教育・研究国際部)
16:20~16:40
海技大学校のボイラ設備を用いた船員教育訓練プログラムの策定
○中村 雄史(JMETS 海技大学校)
 伊丹 良治(神戸大学大学院 海事科学研究科)
16:40~17:00
海外の海事英語教育事情(その1)VMUとGMUについて
○田中 賢司(JMETS 海技大学校) 
17:00~
 閉会挨拶
上級教育・研究国際担当理事  引間 俊雄

【第2共用会議室】  14:40~17:00 

【運航技術・情報通信・安全衛生】

14:40~15:00
海王丸の帆走性能について
○伊東 正人(JMETS 本部 企画調整部)
 阪本 義治(JMETS 本部 航海訓練部)
 福井 寛明(JMETS 銀河丸)
15:00~15:20
船舶における密閉区画からの救助に関する調査研究
○澤村  徹(JMETS 青雲丸)
 樋渡  亮(JMETS 日本丸)
 山岡 恵一(JMETS 青雲丸)
 木村 昭夫(JMETS 青雲丸)
15:20~15:40
船陸間マルチメディア通信の効率化に関する調査研究
-GPSロールオーバーに対する練習船内での障害対応事例-
○霜田 一将(JMETS 本部 企画調整部)
 小澤 春樹(JMETS 日本丸)
 藤井  肇(JMETS 本部 企画調整部)
 渡部  翔(JMETS 本部 学校教育部)
15:40~16:00
Availability of Navigational Fusion System for Small Domestic Vessels
○市川 義文(JMETS 海技大学校)
奥田 成幸(JMETS 海技大学校)
堀  晶彦(JMETS 本部 上級教育・研究国際部)
新井 康夫(JMETS 海技大学校 名誉教授)
新保 雅俊(東海大学)
16:20~16:40
大成丸の錨泊時における振れ回り特性及び荒天錨泊法に関する研究
○木戸秀太郎(JMETS 大成丸)
 新田 邦繁(JMETS 大成丸)
 奥  知樹(JMETS 大成丸)
 貝塚 友規(JMETS 大成丸)
 袴田 慶成(JMETS 大成丸)
16:40~17:00
船舶の安全衛生管理業務について -船舶衛生管理(免除)証明書取得の観点から-
○木村 昭夫(JMETS 青雲丸)

【予稿集】

お問い合わせ

上級教育・研究国際部 教育研究課
電話:045-211-7313(平日9:00~17:00) FAX:045-211-7317

このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.