研究活動

機構外発表一覧

  1. トップ
  2. 研究活動
  3. 研究成果
  4. 機構外発表一覧

2018年度

題 名 氏 名
○印は発表者
*印は学外の共同研究者
機 関 名
外航船における船舶遠隔健康管理システムの試み ○福田 直子*、庄司 るり*、芦田 研二*、亀山 こころ*、井野宮 興志*、佐久間利彦、天野善昭 第91回日本産業衛生学会
北極海航路の安全航行のための運航実務に関する基礎検討(整備実務編) ○大貫 伸*、巣籠 大司、 遠藤 小百合 日本航海学会第138回講演会
キプリス幼生の青色LED光源への誘引を利用した照射面の防汚 ○中西 勇斗*、三村 治夫*、廣野 康平*、矢野 吉治*、河合 和弥 2018年度日本海水学会第69年会
CHARACTERISTIC ANALYSIS OF SITUATION RECOGNITION
-Characteristics of Inexperienced Officer of Watch as a Decision Maker-
○村田 信、貝塚 友規、長渕 光司 18th Asian Conference on Maritime System and Safety Research (ACMSSR 2018)
Analysis of Organic Pollutants Contained in Soot
from Ship Diesel Engines
○C MATSUMURA*、Y HAGA*、R YOSHIKI*、R NAKATSUBO*、G KON、 H OKAMURA*、T DAN*、T TOJO*、H HASEGAWA*、T MIYAWAKI*、T NISHINO*、 T NAKANO* 38th International Symposium on Halogenated Persistent
Organic Pollutants Dioxin 2018 & 10th International PCB Workshop
海事英語とCEFRレベル ESPについての船員の自己評価について ○田中賢司 IMLA25-MEC30
International Maritime Lecturers’ Association Conference 25
including International Maritime English Conference 30
船舶エンジンすす中の有機汚染物質分析 松村 千里*、羽賀 雄紀*、吉識 亮介*、中坪 良平*、岡村 秀雄*、段 智久*、東條 俊樹*、長谷川 瞳*、宮脇 崇*、西野 貴裕*、中野 武*、今 吾一 第21回日本水環境学会シンポジウム(2018年度)
各種船舶間航法適用の前提条件についての考察
  —漁ろうに従事している船舶の灯火を中心に—
○遠藤 小百合、藤本 昌志*、藤原(森田)紗衣子*、小西 宗 第139 回日本航海学会学術講演会
舶用ディーゼル機関からのススの変異原性と多環芳香族炭化水素 楠 将史、吉田 明輝、速水 健斗、今 吾一、岡村 秀雄*、段 智久*、羽賀 雄紀*、松村 千里* 第88回(平成30年)マリンエンジニアリング学術講演会
多眼パンチルトカメラを用いた船舶の全方位ステレオ位置計測の提案 ○吉原 広太郎、山本 茂広*、橋本 岳* 第88回(平成30年度)マリンエンジニアリング学術講演会
Do marine protected areas have lower overfishing level? Adi Yunanto*、Hikmat J. Wiguna*、Sayuri Endo、Erick Nugraha*、Yusrizal*、Yaser Krisnafi* Aquaculture, Aquarium, Conservation & Legislation,
International Journal of the Bioflux Society Romania, European Union, Europe. Volume 11(5)/2018
燃料電池の大形船舶への導入に関する基礎検討 ○角 和芳 平成30年度日本太陽エネルギ-学会/日本風力エネルギ-学会合同研究発表会
Study on Effective Training for Anchoring Atsushi OSAKA、○Yoshiaki KUNIEDA*、Hideyuki KASHIMA*、Koji MURAI* Asia Navigation Conference (ANC) 2018
Empirical study on usability of navigational instrument
– recommendations based on questionnaire survey results on the near-miss cases relate to navigational instruments -
○森 勇介、長谷川 恭通、巣籠 大司、吉本 誠義 The 16th World Congress of the International Association of Institutes of Navigation 2018
Empirical research on the improvement of usability of navigational instruments
– recommendations based on questionnaire survey results on the convenience of navigational instruments -
○長谷川 恭通、森 勇介、巣籠 大司、吉本 誠義 The 16th World Congress of the International Association of Institutes of Navigation 2018
A Convergent Application of Multiple Concepts to Teaching English for Specific Purposes ○田中 賢司 The 16th World Congress of the International Association of Institutes of Navigation 2018
Evaluation of Navigational Fusion System between ARPA and AIS ○奥田 成幸 The 16th World Congress of the International Association of Institutes of Navigation 2018

2017年度

題 名 氏 名 
○印は発表者
機 関 名
Introducing on-board type
engine-room simulator
about how to use in training ship
出口 一朗 International Symposium on
Marine Engineering (ISME)
October 15-19, 2017
IGFコード適用船舶に乗船する
船員に対するSTCW条約訓練について
松崎 範行 船舶・輸送・海上の安全に
関するシンポジウム(第2回)
「燃料由来の事故防止について
の現状と今後の課題」
海事教育における異なる種類の
アクティブラーニング型授業
○水溜 青雲 日本創造学会第39回研究大会
近海航路域内に棲息する
外来フジツボ幼生の実態調査
河合 和弥 第54回好塩微生物研究会
このページの先頭へ

Copyright© Japan agency of Maritime Education and Training for Seafarers. All Rights Reserved.